HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

吉和小 昆布教室

吉和小 昆布教室 2015年11月25日放送

 

布と尾道の関わりや昆布の栄養について学ぶ「食育教室」が21日、吉和小学校でありました。

 

昆布の食育教室は、子ども達に昆布について知ってもらい、美味しく食べてもらおうと日本昆布協会が3年前から全国の小学校で開催しています。

 

吉和小学校で開かれた教室には3年生44人が参加し、地元の昆布加工業「株式会社 山石」の山本修社長が昆布について授業を行ないました。

 

山本社長は、江戸時代に北海道から北前船で尾道に昆布が運ばれていたことや、戦後に吉和で昆布加工が盛んになった事などを説明し、子ども達はメモを取りながら熱心に聞き入っていました。

 

クイズのコーナーでは、昆布の産地や収穫時期、昆布の大きさについてなど質問があり、子ども達は楽しそうに答えていました。

 

クイズの途中に、およそ6mの昆布が紹介され、子ども達はその大きさに歓声を上げていました。

 

その他、昆布に含まれる「うま味」について説明があり、昆布の試食や、産地の違う昆布の出汁を試飲したり、昆布出汁を使った味噌汁と使っていない味噌汁の味の違いを確かめたりしました。

 

日本昆布協会には、全国のおよそ100社が加盟していますが、その内12社が尾道の会社で、ほとんどが吉和の出身企業です。

 

教室に参加した向井友姫乃さんは「昆布がこんなに身近なものだとは知りませんでした。授業もとても楽しかったです」と話していました。

庁舎建替住民投票署名提出

本庁舎建て替えの是非を問う住民投票 署名提出 2015年11月25日放送

 

尾道市が進める市役所本庁舎の建て替えの是非を問う住民投票を求める市民団体が25日、2万人を超える署名を、市の選挙管理委員会に提出しました。

 

市民団体は、尾道市が示した「公会堂を取り壊した跡地に市役所本庁舎を新たに建設する計画」に対し、「住民投票で是非を問うべきだ」として、10月20日から1ヶ月間署名活動を行いました。

 

住民投票条例の制定を市に求めるには、有権者の50分の1以上、9月2日現在で2,371人分の署名が必要で、市民団体は、必要な数を大きく超える2万4,780人分の署名を集めました。

 

今後選管は、署名の審査を行い、署名簿を公開します。署名の有効性が認められると、市民団体が市長に住民投票を求める請求を行い、市長が市議会に条例案を提案。議員の過半数が賛成すれば、住民投票の実施が決まります。

 

市民団体の代表者らは、署名提出後、記者会見を開き、活動の目的などを説明しました。(会見V見せ)

 

同行援護従業者 研修

同行援護従業者 研修 2015年11月24日放送

 

視覚障害者の外出に付き添ってサポートする「同行援護従業者」を養成する研修会が14日、門田町の尾道市総合福祉センターで行われました。

 

研修会は、サポートを行なう人や、その指導者を養成しているNPO法人「さん・あい」が中心となり開いているもので、代表者で全盲の森岡久子さんと、介護支援専門員で同行援護指導者の小川照夫さんらが講師を務めています。

 

受講者3人が参加したこの日は、階段の上り下や、エレベーターの乗り降り、椅子に座る際のサポートなど、生活の中で必要な援助の研修が行われました。

 

階段で行なわれた研修では、アイマスクをつけた視覚障害者役と支援者にわかれて、段差の高さ確認や、足元にしっかり注意を向けて、リズムよく上り下りできるよう誘導する方法などを学んでいました。

 

受講者は、講師の説明に真剣に聞き入り、何度も繰り返し確認していました。

 

研修は、5日間の日程で行われていて、終了後は県の認定資格で、旅行などにも付き添うことの出来る「同行援護従業者」などの資格が取得できます。

 

研修は今後も開かれる予定で、詳しくは「NPO法人さん・あい」、0848-48-5256まで、お問い合わせ下さい。

JR尾道駅 景色の案内放送

JR尾道駅 車窓から見える景色の案内放送 2015年11月24日放送

 

JR尾道駅の構内で、電車の車窓から見える景色の案内放送が行われています。

 

これは、尾道市の日本遺産認定を受け、車窓から見える尾道水道の景色などを電車の利用客に楽しんでもらおうと、9月上旬から行われています。

 

案内放送は、毎日、朝から夕方までの時間帯に行われていて、JR尾道駅の塩谷 宏之さんが案内しています。

 

塩谷さんは、「尾道の景色はとても美しいので、電車に乗られた際はぜひ、車窓からの景色を楽しんでください」と、話していました。

梅の実会 宿泊研修会

広島県 梅の実会 宿泊研修会 2015年11月20日放送

 

県内の退職した女性校長らでつくる、広島県 梅の実会の宿泊研修会が、9日・10日の両日、西土堂町の千光寺山荘で行われました。

 

梅の実会は、退職した女性校長で組織される全国規模の団体で、都道府県ごとに、教育支援活動や福祉活動の推進などに取り組んでいます。

 

尾道では7年振りの開催となった研修会は、県内各地の文化についての理解や、会員同士の交流を深めるために開かれ、113人が参加しました。

 

初日の9日に開かれた開会式では、はじめに、梅の実会の歌を全員で歌った後、石岡 悦子会長が、「交流を深め、実りの多い研修会にして、英知を養って欲しい」と挨拶しました。

 

また、歓迎の言葉として、宿泊研修会 尾三地区実行委員長の内海 昌子さんが、御調町出身の彫刻家 圓鍔 勝三の言葉を引用して、「会も永劫に積み重ね、積み重ね、積み重ねた上にもまた積み重ね、紡いでいきたい」と挨拶しました。

 

その後、「尾道の文化を創り、文化を継承する」というテーマで、尾道市立大学 芸術文化学部 日本文学科 教授の光原 百合さんと、NPO法人 尾道てごう座の理事長 田島 美鈴さんによる、シンポジウムが行われ、尾三地区実行委員会 事務局代表の豊田 博子さんが司会・進行を務めました。

 

参加者らは、尾道の文化の掘り起こしに努めている2人の話を興味深く聞きながら、尾道への理解を深めていました。

 

2日目には、圓鍔勝三彫刻美術館や千光寺公園、浄土寺など、各コースに分かれて、視察研修も行われました。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 >>
8ページ中2ページ目