HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

文楽ワークショップ

文楽ワークショップ 2018年2月5日放送

 

日本の伝統芸能 人形浄瑠璃文楽に親しむワークショップが2月1日、向島町の市民センターむかいしまで行われました。

 

このワークショップは、福山地方文化のまちづくり事業実行委員会や尾道市文化協会などが主催したもので、市内外からおよそ400人が参加しました。

 

会場では始めに、初心者向けの鑑賞会として、「伊達娘恋緋鹿子」という演目の一部が上演され、訪れた人たちは、人形の細かい動きや豊かな感情表現に見入っていました。

 

上演後、子どもたちが参加する体験会が行われ、文化協会のメンバー達が、人形遣いや三味線の演奏方法を指導しました。

 

最後に、体験会の参加者たちも加わり、再び「伊達娘恋緋鹿子」が上演され、会場から大きな拍手が贈られていました。

 

人形浄瑠璃文楽は、江戸時代の大阪を中心に発展した芸能で、尾道の商人たちは江戸時代後期、当時、人形浄瑠璃の中心的存在だった植村文楽軒と、有名な語り手だった竹本弥太夫を招いて手ほどきを受けていました。

 

東久保町にある海龍寺には、2人の死後、供養塔が建てられていて、人形浄瑠璃は尾道と関りが深い伝統芸能とされています。

山口信哉さん油彩画展

山口信哉さん油彩画展 2018年2月5日放送

 

尾道美術協会 会員の山口 信哉さんによる油彩画展が2月15日まで、山口さんが経営する久保1丁目の「画廊喫茶かのこ」で開かれています。

 

会場には、ベッチャー祭りや三体廻し、山波町のとんどの他、季節ごとの風景を切り取ったものなど合わせて13点が展示されています。

 

作品の中には100号の大作もあり、躍動感のある祭りや美しい夕焼けの風景など、見応えのある作品が訪れた人の目を楽しませています。

 

山口さんは尾道生まれで、およそ5年半前の帰郷以来、油彩画などの制作に取り組んでいます。

 

昨年、「画廊喫茶かのこ」の経営を引き継いでからは、今回が初めての個展で、山口さんは、「祭りの絵は勢いと臨場感、風景画は表情を変える空模様を楽しんでほしい」と話していました。

 

山口さんの個展は2月15日まで、画廊喫茶かのこで開かれています。

市議会議員定数削減要望

経済団体 市議会議員定数削減要望 2018年2月2日放送

 

尾道商工会議所など、市内の経済団体が2月2日、尾道市議会に議員の定数削減などを求める要望書を提出しました。

 

尾道商工会議所の福井弘会頭と因島商工会議所の村上祐司会頭、尾道しまなみ商工会の青木透会長、広島経済同友会尾道支部の山根近支部長の4人が、尾道市議会議長室を訪れ、吉田尚徳議長に要望書を手渡しました。

 

尾道市議会議員の定数は現在29人で、要望書には、具体的な数値は明示されていませんが、全国の人口10万人から20万人の自治体における議員定数は26.5人とし、2019年の4月に行なわれる予定の尾道市議会議員選挙にあたり、議員の定数削減と、待遇の適正化などを求めています。

 

福井尾道商工会議所会頭は取材に対し「今、時代が大きく変化し、これからの尾道のまちづくりを真剣に考える時期に来ていると思う。都市間の競争を勝ち抜くためにも改革が必要ではないか」との認識を示し「議員定数を削減し、その分 待遇改善を求めたい」と述べていました。

 

市議会では、先日の代表者会議で定数削減について議員から問題提起があったばかりで、吉田議長と福原謙二副議長は「良く検討したい」と応じました。

 

尾道市の議員定数は、2014年の6月議会で32人から29人に削減する条例案が可決され、2015年4月の選挙から29人の定数が適用されています。

白鳥まゆさん新曲PV

白鳥まゆさん新曲PV完成 2018年2月2日放送

 

瀬戸田町出身の歌手 白鳥まゆさんが2017年9月にリリースした、故郷をテーマにした曲「島の恋娘」のプロモーション映像が完成しました。

 

映像は、ほぼ尾道市内で撮影が行なわれ、白鳥さんの故郷瀬戸田町のレモン谷とサンセットビーチを始め、千光寺や尾道水道を行き交うフェリー、文学のこみちなどが映っています。

 

「島の恋娘」は、瀬戸田町のある生口島を舞台にした恋物語を歌った叙情歌謡で、白鳥さんの歌声と風景を通して、尾道の優しい雰囲気を感じることが出来る映像となっています。

 

白鳥さんは、「島の恋娘」を収録したCDで、日本クラウンレコードからメジャーデビューし、大阪を中心にテレビやラジオなどで活躍。現在は、広島県観光特使として地元のPRにも力を入れています。

 

「ちゅピCOMおのみち」では、2月からこのプロモーション映像をコミュニティチャンネル内で放送予定で、白鳥さんは「尾道の人にも是非覚えてもらいたい」と話していました。

 

土堂小1/2成人式

土堂小4年生1/2成人式 2018年2月1日放送

 

10歳となる小学校4年生が未来への決意を語る「二分の一成人式」が1月27日、西土堂町の土堂小学校で開かれました。

 

「二分の一成人式」は、二十歳までの折り返しとなる10歳の児童が、将来の夢や志を発表する催しで、土堂小学校では4年生44人が式に臨みました。

 

土堂小学校の佐々木智彦校長は式辞で「周りの人に感謝し、これからは社会の為、世界の為に自分の力をどう活かしていくか考えて努力して欲しい」と述べました。

 

また育友会の赤毛紀之会長は「どんなに大きな夢でも努力すれば叶います」と話し、「出来ないことや、うまくいかないことに不平不満を言わず、どうしたら良いかを考えていってください」と激励しました。

 

会場ではその後、保護者や他の学年の児童らが見守る中、4年生が将来に向けた決意を元気に発表しました。

 

発表後には記念行事として、2008年度の卒業生で、現在山口大学で経済を学んでいる寺本圭吾さんが登壇。後輩達に向けてエールを送りました。

 

寺本さんは「夢にむかって努力することの大切さ」を語り、「10年経つと尾道の町や友達の姿は変わるかもしれませんが、友情や尾道が故郷ということは変わりません」と生まれ育った地域への感謝を語っていました。

 

土堂小学校の二分の一成人式の模様は、3月に放送予定です。お楽しみに。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 >>
6ページ中6ページ目