HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

尾大 地域活性化案発表会

尾大 地域活性化案発表会 2019年7月31日放送

 

尾道市立大学の学生が、地域活性化や課題解決のアイディアを披露する発表会が7月25日、東御所町のしまなみ交流館で行われました。

 

この発表会は、美術学科デザインコースの実習課題として毎年行われているもので、今回は学生10人が企画を発表し、市内のNPO法人や経済団体のメンバーなど8人のアドバイザーが講評と審査をしました。

 

昨年あった豪雨災害から、防災に着目した穴吹花恋さんは、市民の安全な暮らしに役立てるため、防災マップや尾道市の緊急連絡先などをまとめた手帳を制作しました。

 

観光の活性化について発表した坂木直哉さんは、「尾道を持ち帰る」をテーマに、現地でのみスマートフォンでダウンロードできる観光名所のイラストを作ることで、集客や宣伝効果を狙いたいと提案しました。

 

グランプリに選ばれた岡田美空さんは、木製の部品に御調町の柿渋で色を付ける古民家のパズルを制作し、尾道の土産品にする企画を発表しました。

 

この他にも、夜の尾道を盛り上げるイベントの企画や、町歩きをコンセプトに尾道のレトロな建物を柄にした靴下などの企画が発表されました。

 

この発表会の模様は9月9日(月)から、コミュニティチャンネルで放送予定です。お楽しみに。

水軍花火大会

いんのしま水軍花火大会 2019年7月31日放送

 

 

瀬戸内海をバックに打ちあがる「いんのしま水軍花火」大会と関連イベントが7月20日、因島の土生港周辺でありました。

 

花火打上げ開始の午後8時半を前に、「おまつり広場」と題したイベントがあり、因島の物産品販売や、地元ならではの食べ物の屋台で賑わいました。

 

その他、ゲームコーナーや豪華賞品が貰えるスタンプラリー、カラオケ大会などがあり、盛り上がっていました。

 

今年は、エコレンジャーがゴミ分別を呼びかけたり、因島ロータリークラブのメンバーが防災を呼びかける紙芝居を上演したりしていました。

 

又、国際ソロプチミストしまなみの会員が制作した布絵本の読み聞かせが行われ、小さな子ども達が楽しんでいました。

 

花火は、土生港の沖に浮かべられた台船から、およそ2,500発が打ちあがりました。間を置かず、一気に打ちあがる花火に、観客からは大きな歓声が上がっていました。

全日本空手道選手権出場

全日本少年少女空手道選手権出場 2019年7月30日放送

 

 

8月に東京都で行われる「全日本少年少女空手道選手権大会」に出場する尾道市の小学生2人が7月22日、久保1丁目の尾道市役所を訪れ、平谷祐宏尾道市長に健闘を誓いました。

 

大会に出場するのは、高須小学校4年の森下遥太(もりしたはるた)君と、土堂小学校3年の青垣希奈(あおがききな)さんで、2人は潮見町を中心に道場を開いている「聖道流奥屋会(せいどうりゅう おくやかい) 尾道支部」に所属しています。

 

5月に東広島市であった県大会では、森下君は組手競技で準優勝に輝き、去年に続いて2回目の全国大会出場をつかみました。青垣さんも演武の正確性などを競う形競技で3位に入賞し、初めての出場を決めました。

 

森下君は「相手をすばやく捉えられるよう、スピードのある動きがしたい。目指すは優勝」と話し、青垣さんは「体がぐらつかないよう、力の使い方に気を付けたい。良い成績を残してきます」と抱負を語っていました。

 

2人は歓談後に形の演武を披露し、平谷市長は「自信をもって頑張って」と激励していました。

 

小学生の空手日本一を決める「第19回全日本少年少女空手道選手権大会」は、8月3日と4日、東京都の「東京武道館」で行われます。

Bインパルス & 住吉花火

ブルーインパルス飛行&住吉花火まつり 2019年7月30日放送

 

 

尾道港開港850年を記念して航空自衛隊のブルーインパルスが7月27日、尾道水道上空を飛行しました。

 

広島空港を飛び立った青と白のツートンカラーの2機の機体は、南から登場し、尾道水道上空480メートルで、アクロバット飛行を行いました。

 

白いスモークを吐きながら、ハートマークや8の字を描き、観客達は演技が終わる度に大きな拍手を送っていました。

 

その日の夜には、夏の夜空を彩る尾道の伝統行事「おのみち住吉花火まつり」が、尾道水道一帯で行われました。

 

花火打ち上げ前には、海岸通りにある住吉神社で神事が営まれ、花火の成功などを祈りました。

 

まつりは住吉神社に捧げる花火として行われていて、「住吉神社例大祭」が正式名称です。江戸時代に神社付近の住吉浜を整備し、尾道が発展する基礎を築いた町奉行、平山角左衛門の功績を称えるとともに、商売繁盛、海上交通の安全を願い、始まったとされています。

 

今年は港町の歴史や未来などをテーマにした4部構成になっていて、家族や友人にメッセージを載せて打ち上がる「メッセージ花火」や、カメラで撮った写真が映えるよう、特大のスターマインが打ち上がる「インスタ映え花火」、尾道港開港850年を記念した音楽花火など、およそ1万3千発が次々と夜空に舞いました。

 

会場には、主催者発表でおよそ30万人が訪れ、風情のある尾道の花火まつりに酔いしれました。

女子軟式野球選手市長訪問

女子軟式野球全国出場選手 市長訪問 2019年7月26日放送

 

8月2日から開催される「NPBガールズトーナメント2019全日本女子学童軟式野球大会」に、尾道市内から出場する選手3人が7月24日、平谷祐宏尾道市長に健闘を誓いました。

 

市役所を訪れたのは、三成小6年の豊岡陽莉さん、浦崎小6年の大村こころさん、栗原北小6年の平本花果さんの3人で、平谷市長は「体調管理に気を付けて、まずは第一試合で勝利してほしい」と激励しました。

 

全日本女子学童軟式野球大会は、各都道府県の代表に選ばれた選抜チームによるトーナメント戦で、今回は、全国から43チームが出場します。

 

豊岡さん、大村さん、平本さんが参加している広島県代表チーム「ガールズ広島」には、県内から選抜された小学1年生から6年生20人が所属しています。

 

豊岡さんは「自分の力を精一杯発揮したい」、大村さんは「まずは1勝を目指す」、平本さんは「スタメンで出て活躍できるようがんばりたい」とそれぞれ目標を話していました。

 

「NPBガールズトーナメント2019全日本女子学童軟式野球大会」は8月2日から愛媛県で開催され、「ガールズ広島」は8月3日に、初戦で大分県のチームと対戦します。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
7ページ中1ページ目