HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

高校生平和大使 国連へ

高校生平和大使 国連へ 2019年10月28日放送

 

 

第22代高校生平和大使で、因島土生町出身の北畑希実(きたはたのぞみ)さんが10月17日、尾道市役所を訪れ、核兵器廃絶を求める署名をスイス・ジュネーブの国連欧州本部に届けたことなどを、平谷祐宏尾道市長に報告しました。

 

高校生平和大使は被爆地の願いを世界に伝えるため、1998年に始まった取り組みです。

 

北畑さんは、東広島市の県立広島高校に通う2年生で、祖父が原爆で家族を失ったことから、自分の声で平和を伝えていきたいと考え、第22代の平和大使に応募しました。

 

今回の平和大使には、北畑さん達、広島県内の3人を含む全国の高校生23人が参加。8月19日から22日の4日間、スイスを訪問し、全国の若者らと集めた21万5千547筆の署名を国連軍縮部に届け、平和な世界の実現についてスピーチしました。

 

スピーチでは北畑さんも、5歳で被爆した祖父から直接聞いた体験談などを語りました。

 

市長室を訪れた北畑さんは「平和には様々な考え方があるが、私達の活動を通して核兵器の恐ろしさや、平和について感じて欲しい」と話していました。

 

北畑さんは11月9日、母校の因島南中学校でも活動報告を行う予定で、後輩達に平和のメッセージを届けます。

小学校音楽コンクール

小学校音楽コンクール    2019年10月28日放送

 

市内の小学生が歌声を競う「第15回小学校音楽コンクール」が10月25日、東御所町のしまなみ交流館で行われました。

 

コンクールには、市内の小学校24校から合わせて1,181人の児童が参加し、各校が課題曲と自分たちで選ぶ自由曲の2曲を披露しました。

 

会場では、広島大学大学院教授の枝川一也さん達5人が審査員を務め、技術力・表現力・マナーなどをポイントに審査しました。

 

児童たちは、練習の成果を発揮し、交流館のホールいっぱいに澄んだ歌声を響かせていました。

 

学校ごとの合唱のほかに、会場の児童たち全員で課題曲を歌う全員合唱もあり、参加した子どもたちは、他校の児童と共に声を合わせていました。

 

コンクールは、音楽を通して競い学びあうことで、児童の豊かな感性をはぐくもうと2005年から行われているもので、今回で15回を迎えました。

 

審査の結果、今回のグランプリには栗原小学校が選ばれ、日比崎、高須、長江、山波、美木原の5校が優秀校に、百島小学校が審査員特別賞に選ばれました。

ソロプチ 図書館へ寄付

ソロプチミスト尾道 図書館へ寄付 2019年10月25日放送

 

 

地域社会への奉仕活動や国際親善に取り組む女性団体「国際ソロプチミスト尾道」が、10月16日、尾道市立図書館へ10万円を寄付しました。

 

この日は、国際ソロプチミスト尾道の宇根本直子会長ら3人が久保の尾道市教育会館を訪れ、佐藤昌弘教育長に児童図書の購入費として10万円の目録を手渡しました。

 

国際ソロプチミスト尾道は、地域に根差した奉仕活動を行っている女性団体で、図書館への寄付は1985年度から続けられていて、今年で35回となります。

 

寄贈された図書は図書館で「ソロプチミスト文庫」として並べられていて、2018年度は「ズッコケ3人組」シリーズなど、10万円分の児童書73冊を購入。これまでに購入した図書は、あわせて4千543冊になります。

 

佐藤教育長は「読書は語彙力を高める。親子で読んで、感想などのやりとりから会話をはずませてほしい」と話し、宇根本会長は「読み聞かせを通して、親子の絆を深めてほしい。子ども達は想像の世界を膨らませて」と話していました。

中学生音楽コンクール

中学生音楽コンクール 2019年10月25日放送

 

市内の中学生たちが歌声を競う「中学校音楽コンクール」が10月23日、東御所町のしまなみ交流館で開かれました。

 

コンクールには、市内の中学校全17校からおよそ1,200人の生徒が参加し、それぞれ課題曲と各校で選ぶ自由曲の2曲を披露しました。

 

会場では、広島大学大学院の枝川一也教授や、尾道市民合唱団の景山勝博さんたち5人の審査員が、技術力・表現力・マナーなどをポイントに合唱を審査しました。

 

生徒たちは、これまでの練習の成果を発揮しようと、力強い歌声を会場いっぱいに響かせ、観客席の中学生たちも、同級生が一生懸命取り組む姿に大きな拍手を送っていました。

 

その他、会場の全中学生による課題曲の合唱も行われ、参加した学校の生徒たちは、音楽を通して交流を深めていました。

 

コンクールは、音楽を通して各校が競い学び合う中で生徒の豊かな感性を育もうと2005年から行われているもので、今回で15回目を迎えました。

 

審査の結果、今年は、美木中学校がグランプリを獲得し、優秀校には瀬戸田・日比崎・重井の3校が選ばれました。

しまなみヤングフェス

しまなみヤングフェスティバル 2019年10月25日放送

 

 

因島・瀬戸田地域と、愛媛県上島町の中学校・高等学校の吹奏楽部などが一同に集まり演奏する「しまなみヤングフェスティバル」が10月20日、因島土生町の因島市民会館でありました。

 

生徒の交流と演奏技術の向上を目指して初めて開かれたもので、7校の吹奏楽部などから125人の生徒が出場しました。

 

開会式でパンフレットのデザインを作成した、重井中学校3年生の上田琉嘉さんに賞状が送られ、実行委員会の村井圭一委員長と、佐藤昌弘尾道市教育長が挨拶して演奏がスタートしました。

 

トップバッターの重井中学校は44人が出場し、二部合唱で優しい歌声を響かせていました。因北中学校吹奏楽部は、ジャズの名曲「シング・シング・シング」など3曲を披露し会場を盛り上げていました。

 

瀬戸田中学校吹奏楽部と瀬戸田高校音楽部は、合計15人の合同メンバーで、息のあった演奏を見せていました。

 

因島・瀬戸田地域と隣接する愛媛県上島町からは、弓削高校と弓削商船高等専門学校の生徒が参加して、県域を越えて演奏を繰り広げました。

 

村井実行委員長は「生徒の交流のため、来年以降も開催したい」と話していました。この演奏会の模様は11月18日から、ちゅピCOMおのみちスペシャルで放送予定です。お楽しみに!

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>
9ページ中2ページ目