HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

市長会見 GSモビリティ

市長記者会見 グリーンスローモビリティ実証事業 2019年10月17日放送

 

 

定例尾道市長記者会見が10月17日、尾道市役所であり、電動車両「グリーンスローモビリティ」の導入効果を図る実証事業を11月1日から始めると発表しました。

 

グリーンスローモビリティは、時速20キロ未満で公道を走る4人乗り以上の電動車両で、環境への影響が少なく、狭い路地も通行できることから、観光地の乗り物や高齢者の移動手段として期待されています。

 

平谷祐宏尾道市長は「観光尾道の楽しみが新たに広がる」と述べ、「将来的には過疎地の交通手段としても活用できるのではないか」と期待を示しました。

 

導入効果を図る実証事業は、環境省と国土交通省が、自治体や民間事業者と連携して行うもので、申請のあった全国の地域から、尾道市を含めて7箇所が選ばれています。

 

10月上旬に行われた車両の走行実験に続いて、11月1日からは、無料の定期路線を設定し、グリーンスローモビリティを運行します。

 

ルートは、JR尾道駅から海岸通りを抜け、ロープウェイ乗り場や西國寺下を通り、浄土寺に至るおよそ2.8kmで、8箇所に停留所を設けて、金・土・日・祝日に1日8往復します。

 

専用のスマホアプリで、車両の現在位置や乗車人数を把握する事も可能で、IoT技術を使って利便性も高めています。

 

実証事業では、観光ルートでの需要や、CO2の削減、渋滞緩和につながるかなどの効果を探ります。

 

路線は、2020年の1月31日までの期間限定で、2020年度は、瀬戸田町などでも実証事業を行なう予定です。

 

会見では、このほか、地域医療に関する質問などがありました。

 

定例市長記者会見の模様は、17日の21:00からと、18日の7:00からと15:00から放送予定です。どうぞご覧ください。 

大信産業 創業100年

大信産業 創業100年記念式典 2019年10月16日放送

 

 

農業と緑化関係の事業を手がける、美ノ郷町の「大信産業株式会社」が創業100年を迎え、記念式典が10月10日、福山ニューキャッスルホテルで行われました。

 

式展には、広島県農林水産局長やJA組合長ら農事関係者や尾道商工会議所会頭ら経済会から多くの来賓と、社員たち およそ180人が出席し、創業100年を祝いました。

 

大信産業の田中公浩社長が「『大信』という大きな信用と地域密着、技術販売の3つを今後も大切にしていきたい」と挨拶。来院祝辞の後、田中康貴会長が「ホールディングスカンパニーとして次の100年に向けて社員一同、一層の努力をしていきたい」と決意を語りました。

 

大信産業は、100年前の1919年 染色業を営んでいた田中会長の祖父 泰輔氏が因島で、薬種業を始めました。

 

泰輔氏の長男で田中会長の父親 富造氏が、戦後の食糧不足を解消する役に立とうと「農薬」の卸業に参入し、1967年 大信産業株式会社としました。

 

因島から尾道に本社を移し、農薬だけでなく、農業関連資材の販売・緑化事業などを推進し、二代目社長の康貴氏、三代目の公浩氏と業績を積み重ね、現在 売上高が80億円に迫る尾道を代表する企業となっています。

 

又、JR尾道駅前の「緑地帯の芝生張替え」や、「千光寺公園の恋人の広場」の整備などを無償で行い、このたびの100年を記念して、創業の地 因島の市役所支所の芝生工事を寄贈するなど尾道市の発展に寄与しています。

 

式展の後半では、田中会長の長女「たなかりか」さんのジャズライブで、創業100年に花を添えました。

「本マグロを愉しむ。」

イベント「本マグロを愉しむ。」 2019年10月15日放送

 

 

新鮮な本マグロを味わうイベントが10月11日、新浜1丁目の尾道国際ホテルで開かれました。

 

これは、「第32回グルメ海の印象派おのみち」の関連イベントのひとつで、会場では、長崎県から直送された、60キロの本マグロ2本のうち、1本が職人によって豪快に解体されていきました。

 

来場者は、目の前で手際よくマグロの部位が切り離されるたびに、大きな歓声を上げ、写真を撮っていました。

 

解体された新鮮なマグロは、刺身や叩き、焼き料理などで提供されました。

 

会場では生バンドによるジャズ演奏も行われ、訪れた、およそ220人の来場者は、マグロに舌鼓を打ちながら、食事と音楽を楽しんでいました。


尾道灯りまつり

第16回尾道灯りまつり 2019年10月15日放送

 

 

3万個以上の「ぼんぼり」の灯りを楽しむ「尾道灯りまつり」が10月12日、尾道市の中心部一帯で行なわれました。

 

緑地帯で点灯式があり、今岡寛信実行委員長が挨拶し、平谷祐宏尾道市長ら6人で「ぼんぼり」に火を灯しました。

 

緑地帯では、強風の影響で、すべての「ぼんぼり」への点灯が無くなり、新しい元号の「令和」の文字のみ灯りが灯されました。

 

尾道市立大学の学生による演奏をバックに訪れた人は、ほのかな明かりを楽しんでいました。

 

ぼんぼりには、市内の幼稚園児や小中学生達が夢や願い事などを記入していて、家族連れたちが、子どものぼんぼりを探して楽しんでいました。

 

今年は、尾道港開港850年を記念して、港の整備に尽力した江戸時代の奉行「平山角左衛門」を祀る土堂2丁目の住吉神社」と、尾道商工会議所ビルの東側壁面に映像などを投影する企画が行われました。

 

ビルの壁面には今年のおのみち住吉花火まつりの様子が、神社には、神社の紋「社紋」(しゃもん)や、神社へ寄進した商家などの屋号・家紋が投影されていました。

 

16の寺では、ぼんぼりの設置だけでなく、それぞれ趣向を凝らした演出があり、長江1丁目の妙宣寺では、尾道出身のシンガーソングライター山根美和子さんのピアノ演奏などが行われ、訪れた人が足を止めて聞き入っていました。

 

灯りまつりは、市内中心部にぼんぼりを多数設置して、その灯りを楽しむイベントです。16回目の開催となった今年は、JR尾道駅前緑地帯など13箇所と、市内中心部の16の寺に、合計3万4千個の「ぼんぼり」が並べられました。

投影マッピング試写

投影マッピング 試写 2019年10月11日放送

 

 

10月12日に開かれる予定の「尾道灯りまつり」で、今年は尾道港開港850年を記念した特別企画として「住吉神社」の社殿などに画像や、映像が投影されます。

 

灯りまつりは、JR尾道駅前緑地帯など13箇所と、市内中心部の16の寺に、合計3万個の「ぼんぼり」が様々なデザインで配置され、その灯りを楽しむイベントです。

 

今年は、尾道港開港850年を記念して、港の整備に尽力した江戸時代の奉行「平山角左衛門」を祀る土堂2丁目の住吉神社」と、尾道商工会議所ビルの東側壁面に関連の映像などを投影して850年を祝います。

 

住吉神社には、神社の紋「社紋」や、神社へ寄進した商家などの屋号・家紋を投影します。又、商工会議所ビルの壁面には、今年の「住吉花火まつり」の映像などが投影されます。時間は何れも18:00~21:00です。

 

尚、台風の影響で中止になる可能性もありますので、最新の情報を入手してお出かけください。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>
9ページ中5ページ目