HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

准看護学院 宣誓式

准看護学院 宣誓式    2021年11月22日放送

 

尾道准看護学院の1年生を対象にした宣誓式が11月18日、栗原東2丁目の尾道市医師会館で行われました。

 

これは、来年1月から始まる看護実習に向けて、准看護師としての決意を新たにするため行われているもので、式には第70期の生徒33人が出席しました。

 

式では、会場の明かりが落とされ、名前を呼ばれた生徒が、一人ずつ手にろうそくを持ち、壇上のナイチンゲール像から灯を受け取りました。

女性の生徒の頭には、ナースキャップがかぶせられ、灯を受け取った生徒たちは、それぞれ自分が目指す看護師の姿を発表しました。

 

全員が壇上に揃うと、看護師の心構えなどが記された「ナイチンゲール誓詞」を読み上げ、生徒たちは厳かな雰囲気の中、看護職に携わる気持ちを新たにしていました。

 

尾道准看護学院は、大正6年 1917年に当時の尾道市医師会付属の養成所として設立された学校で、これまでに3,600人余りの卒業生を送り出しています。

 

近年は少子化や正看護師を目指す人の増加などから入学者数が落ち込んでいて、2017年度以降は、5年続けて入学者数が定員の50人を下回る状況が続いています。

 

備後地方では、三原市の三原看護高等専修学校と、府中市の府中地区医師会准看護学院が、定員割れなどを理由に2023年春の閉校を決めていて、尾道准看護学院の宮野良隆学院長は「医療はもとより、介護の現場などでも准看護師は必要とされる人材。備三地域の医療を守るためにも学校を存続させたい」と話していました。

市議会臨時会

市議会臨時会 2021年11月19日放送

 

 

尾道市議会臨時会が11月19日に開かれ、千光寺公園の頂上エリアにある展望台の建て替え工事費を4,679万円増額する一般会計補正予算案が可決されました。

 

増額理由は、工事エリアの地下から見つかった想定の2倍ほどの量の岩の撤去と、1957年に建てられた展望台などから大量に出てきたアスベストを処分する費用が加算されたためです。

 

その他にも、工事中の観光客の安全対策などを追加し、総事業費は4億3,200万円になりました。

 

議会では、議員から「千光寺山の特徴として、岩が大量にあるのは事前に分かったのではないか? 又1950年代の建物ならば、建材としてアスベストが多く使われていることも、予想できたのではないか?」との声もあがりましたが、採決の結果、賛成多数で可決されました。

 

議会の模様は、本日19日の21:00から再放送します。

ニューびんご 就航

ニューびんご 就航 2021年11月18日放送

 

 

備後商船株式会社は、JR尾道駅前の尾道港と百島を経由して福山市沼隈町の常石港を結ぶ航路で、12月1日から新たな高速船「ニューびんご」を就航します。

 

これまで運行していた「ニューびんご」は、1989年に就航、尾道から浦崎、百島、常石間を1日6往復していましたが、5月の故障を契機に更新の運びとなりました。

 

新しい「ニューびんご」は、国の離島航路整備法による補助金を活用して6月に起工、10月20日に進水式が行われました。

 

双胴型の船で、車いすスペースや自転車、物資を置く専用スペースもあり、屋上には広い甲板が設けられました。今までよりも9トン程度小型化することで、メンテナンスコストの削減にもつなげています。

 

運航する航路の百島は、人口が減少していますが、アート施設があり、新たな宿泊施設が複数オープンするなど、訪問者が多くなっています。

 

備後商船の関係者は、「人員を載せるだけでなく、生活物資などの運搬でもお役に立ちたい」と話していました。

 

11月16日から乗組員の訓練が行われていて、11月30日に百島の福田港でお披露目式が開かれます。

因島南小 海辺教室

因島南小 海辺教室    2021年11月17日放送

 

地域の海の生き物などについて学ぶ「ふるさと海辺教室」が11月11日、因島大浜町の福山大学マリンバイオセンターで行われました。


尾道市による環境学習事業の一環で行われたもので、因島南小の6年生59人が、海辺の生き物や環境問題などについて学びました。


センターに併設されている水族館では、講師役の福山大学生命工学部の学生18人が、館内に展示されている水槽を紹介し、赤身の魚と白身の魚の違い、水族館で行っている魚への餌やりや掃除といった作業について解説しました。


児童たちは、真剣な様子で話しに聞きいり、気になる部分をメモしたり、疑問に思ったことを質問したりして身近な海について学んでいました。

当日は、午前中にセンターの近くの浜辺で、ゴミ拾いや生き物を観察する時間も設けられ、学生たちは、海に捨てられたゴミが魚に与える影響などについても紹介していました。


因島南小学校では、今年度から福山大学の協力を受けて海の生き物学習を進めていて、今後はこれまで学んだことを踏まえて、地元の海がどうなればいいかなど、意見をまとめて発表する予定です。

尾道LC 米など市へ寄附

尾道LC 米など尾道市へ寄附    2021年11月16日放送

 

 

尾道ライオンズクラブは11月9日、コロナ禍で困窮する市内の子どもたちへの食の支援として、尾道市へ現金と米1.5トンを寄附しました。

 

これは「尾道ライオンズクラブフードサポート事業」の一環として初めて行われたもので、市長室を訪れたクラブの比本学志(ひもと・さとし)会長は、平谷祐宏尾道市長に目録を手渡し、「すべての子どもたちに夢と希望を持って成長してほしい」と話しました。

 

寄附された米などは、子ども食堂やひとり親家庭の学習支援事業を行う団体へ贈られるほか、24日にはコロナ禍でアルバイトが出来ず生活に困窮する学生へも贈られます。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中2ページ目