HOME > ニュース・情報コーナー > 月間アーカイブ

スタッフブログ

市内でええじゃん練習進む

市内でええじゃん練習進む    2022年4月20日

 

今年の第79回尾道みなと祭、「ええじゃんSANSA・がり踊り」の海岸通りでの披露は無くなりましたが、事前収録方式の開催に向けて、市内のこども園や、小・中学校では練習が行われています。

 

長江中学校は、チームのテーマを「長江の笑顔と元気」と決めて、一生懸命に練習に取り組んでいます。

 

この日は、教員のアドバイスを受けた後、数名のグループに分かれて細かな修正などが行われていました。

 

グループ毎に決められているリーダーが、積極的に声をかけ、お互いに気が付いた部分を指摘しあいながら、修正を行い、最後に全体練習で終了しました。

 

学校近くにある桜土手など、桜をテーマにした踊りでコンテストに臨む日比崎小学校は、踊りの合間に児童たちが意見を出し合い、よりよい踊りになるよう練習を重ねていました。

 

児童たちは、ピンク色の扇子を手に、HIBIZAKIの文字が描かれた揃いの法被姿で踊り、息の合った動きで、ヒラヒラと舞う桜の様子を表現していました。

 

高須町のたんぽぽ認定こども園では、子どもたちが手作りのボンボンを手に、一生懸命練習に取り組みました。

 

園児たちは、前日の雨で園庭がぬかるむ中、リズムに合わせて踊ったり、元気いっぱいに声をあげたりして、練習に打ち込んでいました。

 

第79回尾道みなと祭は、当日のステージイベントや踊りコンテストなどは中止となりましたが、23日には、祭りの祭神である、江戸時代の尾道奉行「平山角左衛門」の法要と祭典が行われます。

 

JR尾道駅前の港湾緑地には、23日・24日の両日 ペーパーフラワーのオブジェが設置されます。

 

ええじゃんSANSA・がり踊りの動画は、5月2日に尾道みなと祭の公式HPで配信が始まります。5月中に審査員による審査が行われ、各部門の入賞チームなどが決まる予定です。

 

「ちゅピCOMおのみち」でも5月2日から8日まで、踊りの様子を部門に分けて放送します。

鐵萬商事 寄附

鐵萬商事 寄附    2022年4月19日放送

 

尾道市は4月11日、創立70周年事業の一環で尾道南高校へ寄付を行った長者原の鐵萬商事株式会社に、感謝状を贈りました。


久保1丁目の尾道市役所で贈呈式があり、平谷祐宏尾道市長から鐵萬商事の池田寛社長に感謝状が手渡されました。


鐵萬商事は、造船鋼材の販売などを手掛ける尾道の企業で、2021年に創立70周年を迎えたことに伴い、地域への恩返しとして尾道南高校に100万円を寄付しました。


南高校では、寄付金を基に教室のプロジェクターの整備が行われ、式に出席した生徒会長の細谷真友美さんは「頂いた寄付で授業環境を整えることができた。しっかりと学んで尾道に貢献できる人材になりたい」と感謝していました。


鐵萬商事の寄付は、尾道南高校を含む市内の5校で行なわれていて、池田社長は「会社の社員やその子どもも、市内の高校でお世話になっている。学校の学びに役立てて貰い光栄です」と話していました。

ダンス授業EXILE教材

ダンス授業にTETSUYAさん教材 2022年4月18日放送

 

 

定例市長記者会見が4月18日あり、ダンスボーカルユニット「EXILE」のTETSUYAさんが会見に参加し、日比崎中学校のダンスの授業に、自身が監修した映像が導入される事などを発表しました。


会見で、TETSUYAさんは、ええじゃんSANSA・がり踊りを念頭に「生徒には、この地域ならではの祭とコラボして新しいものを産み出してほしい。ワクワクしている」と述べました。

 

平谷祐宏尾道市長は、「尾道観光大志の方が縁を取り持ってくれた」と導入の経緯を話し「ダンスの文化を新しく魅力的なものに広げて行きたい」と期待を寄せました。

 

TETSUYAさんが監修した映像は、文部科学省から教材として選ばれていて、これまでにも全国の中学校に多数導入されています。

 

尾道市教育委員会は、著名なダンサーの教材を使用する事で、生徒の関心を高め、表現力やコミュニケーション能力の向上を図りたいとしています。

 

尾道市は、日比崎中学校だけでなく、他の中学校にも導入を広げ、TETSUYAさんによる生徒へのアドバイスや、学校の教員とのディスカッションなども予定しています。

 

又、配布資料によると、TETSUYAさんがプロデュースするAMAZING COFFEEが、西御所町の複合施設「ONOMICHI U2」に4月23日から5月8日まで、期間限定出店する事なども決まっています。

 

会見では、その他 新型コロナウイルス感染者が多数出た「尾道市立市民病院」についてなど質問がありました。

 

会見の模様は、18日の22:05からと、19日の7:00、15:30から放送予定です。

パッチワーク作品展

パッチワーク作品展    2022年4月15日放送

 

美ノ郷町三成でパッチワーク教室を開いている横山泰子さんと生徒たちの作品展が4月18日から、横山さんの自宅を会場に開かれます。


作品展は、教室での制作物を発表する場として2年に1度開かれてきましたが、新型コロナの影響で2020年の展示が中止となったため、今回は4年ぶりの開催となります。


会場には、壁に掛けられた大型のタペストリーや、カバンやポーチなどの小物、人形などおよそ300点の作品があり、見ごたえのある展示会となっています。


幼稚園の入園式をイメージした作品は、布と糸だけで子どもや大人の豊かな表情が表現されていて、タペストリーならではの温かみのある作品に仕上げられています。


パッチワークは、色や素材、柄などが異なる布を縫い合わせて作る手芸品で、教室では、現在尾道市内を中心におよそ15人の生徒が学んでいます。


教室を主宰する横山さんは「色々な布を組み合わせ、イメージ通りのものに仕上がった時が一番楽しい。中止となった前回のものも含め、通常より多くの作品があるので是非見に来てもらいたい」と話していました。


パッチワーク作品展の会期は4月18日から24日まで。時間は10時から16時で期間中は無休。観覧は無料です。


会場では、パッチワークのほかに、横山さんの妹による絵手紙も合わせて展示されています。

子ども第三の居場所

子ども第三の居場所 向島に設置 2022年4月13日放送

 

 

B&G財団と日本財団が連携して取り組む「子ども第三の居場所」の設置が尾道市に決まり、3月25日 市役所でセレモニーがありました。

 

2階の多目的スペースで開かれた式典では、B&G財団の朝日田智昭常務理事が、平谷祐宏尾道市長に助成金の交付決定書を手渡しました。

 

子ども第三の居場所は、様々な支援が必要な子どもへ、放課後等に安心して過ごすことが出来る場所を提供するもので、旧尾道市内と因島市内に続いて、向島に設置されます。

 

運営は、2023年の1月から開始予定で、就学援助や児童扶養手当、生活保護を受給している向島島内の世帯の小学1年生から中学3年生までが利用できます。

 

定員は20人で、平日の放課後から19:00まで、週に3回開かれる予定です。

 

尾道市はB&G財団から開設にかかる費用と今後3年間の運営費として、最大7,880万円を上限に支援を受けます。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 >>
4ページ中2ページ目