HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

三木半左衛門翁 法要

三木半左衛門翁 命日法要 2022年1月24日放送

 

 

千光寺公園の前身である「共楽園」を築いた尾道市名誉市民、三木半左衛門の法要が命日の前日1月22日に、墓のある東土堂町の千光寺で執り行われました。

 

三木半左衛門翁顕彰会の主催で開かれ、今年は没後110年の節目ですが、新型コロナウイルス対策として人数を制限して開催し、会員達およそ10人が参列しました。

 

千光寺の持仏堂で、多田真祥住職らの読経があり、列席者が焼香をあげました。

 

顕彰会の島居勝会長は「三木翁が愛した千光寺公園からの風景は、温かみのある景色。春には展望台が出来て、新しい魅力を発信できる」と挨拶。法要後は、境内にある墓で手を合わせました。

 

三木半左衛門翁は、現在の徳島県の生まれで、江戸時代から明治時代にかけて活躍した豪商です。尾道で呉服店を営んでいた1894年、山手の南斜面に千光寺公園の前身となる尾道共楽園を整備し、桜を植樹しました。

 

完成後、公園を尾道市に寄付し、その功績などから1968年に名誉市民に選ばれています。

市長定例会見

市長定例会見    2022年1月20日放送

 

定例尾道市長記者会見が1月20日にあり、生命保険会社の第一生命と健康増進に関する協定について発表があった他、新型コロナワクチンの3回目の接種についてなどコメントがありました。

 

第一生命との連携協定式では、平谷祐宏尾道市長と、鮫島寛仁福山営業支社長が協定書に署名しました。

 

連携内容は、介護や認知症予防の啓発・健康づくり・がん検診などの受診率向上に関することなど4項目です。

 

具体的には、認知症サポーター養成講座などを受講した第一生命の尾道市内の営業職員46人が、業務を通して市民の見守り支援を行なうほか、尾道市の健康診断やがん検診などを紹介します。

 

又、ウォーキングやシルバーリハビリ体操など尾道市の健康づくり事業の普及促進や、健康関連のイベントへの協力などが行われます。

 

平谷市長は「市民の健康増進に向けて、力を合わせて取り組んでいきたい」と述べ、鮫島支社長は「エリアのお客様に、尾道市の情報を届けられるよう一生懸命取り組んでいきたい」と話しました。

 

 

新型コロナワクチンの3回目接種については、現時点での尾道市のワクチン接種計画などが示されました。

 

尾道市からの3回目のワクチン接種券の配布は、昨年11月以降、医療従事者や施設に入所している高齢者などへ優先して発送されていて、個別接種は今年1月11日から、集団接種は23日から実施されています。

 

3回目のワクチンについては、当初2回目から8か月置いての接種とされていましたが、昨年12月に対象者によって6か月から7か月まで前倒しするとの方針が厚生労働省から出され、尾道市からの接種券も、該当する人のタイミングに合わせて、順次発送される予定です。

 

ワクチンの申請や接種方法などの流れは、これまでのワクチン接種と同様です。

 

平谷市長は「コロナ対策のため、早急に3回目接種を行うことが求められている。市としてもできるだけ早く行える体制づくりを急ぎたい」と話していました。

 

会見の様子は、20日の21:00からと、21日の7:00と13:00から放送します。是非ご覧ください。

まんがイラスト展

まんがイラスト展   2022年1月19日放送

 

少女漫画の登場人物をイメージした、可愛らしいイラストが並ぶ展示会が28日まで、東御所町のさんわecoライフ館で開かれています。


さんわecoライフ館では、年間を通して個人や団体による様々なジャンルの展示が行われていて、今回は笠岡市在住のペンネーム蜂蜜cocoaさんのイラスト展が行われています。


会場に並ぶのは、少女漫画の登場人物を思わせる女の子や、ペアの男女を描いたイラストで、絵葉書サイズから10号ほどのものまで合わせて116点が展示されています。


作品には、元気一杯な笑顔など、表情や仕草が印象的なキャラクターが描かれていて、訪れた人は楽しそうに作品を眺めていました。

子どもの頃から少女漫画が大好きで、ゆくゆくは漫画家としてデビューしたいというcocoaさんは、「少女漫画らしい、恋心や、キラキラした雰囲気が伝わるように描きました。是非、イラストの世界に浸って楽しんでほしい」と話していました。


イラスト展の会期は1月28日まで。時間は10時から17時までで、最終日は14時まで。場所はJR尾道駅前ビル2階のさんわecoライフ館で、入場無料です。

西藤 森実 とんど

西藤町 森実地区 とんど 2022年1月18日放送

 

 

西藤町森実地区の「とんど」が1月16日にあり、地域住民が、持ち寄った正月飾りなどを、燃やして無病息災を願いました。

 

森実地区は、およそ10年前から大きな「とんど」を作り、住民同士の交流を図っていて、今年は、地域の班長たち35人程が、稲藁や檜の枝、竹などを使って、およそ9mの「とんど」を製作。三角錐の2つの面には、「謹賀新春」などの文字を書いた書道作品が取り付けられていました。

 

午後3時の点火を前に住民たちが正月飾りや餅を手に続々と集まり、高垣正行会長が挨拶して、寅年の2人が「とんど」に点火。集まった子ども達には、お菓子のプレゼントもあり、嬉しそうに受け取っていました。

 

参加した人たちは、は勢い良く燃え落ちた「とんど」の残り火で餅を焼いていました。「とんど」は、その火で焼いたもちを食べると、その年の「病気」を除くといわれ、書初めなどが燃えて高く上がると書道の技量が上達するともいわています。

臨時議会 コロナ支援金

市議会臨時会 コロナ支援関係予算可決 2022年1月17日放送

 

 

尾道市議会臨時会が1月17日に開かれ、およそ24億7,700万円増額する、一般会計補正予算案などを可決しました。

 

住民税の非課税世帯などへの新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金10万円を支給する事業に22億円6,200、万円を計上。1月24日からコールセンターが設置され、2月1日から、尾道市役所1階に特設の相談ブースが設けられる予定です。

 

又、コロナ禍で売上が減った中小法人や個人事業者向けの尾道市独自の事業継続支援金として1億4,000万円を追加。2021年の緊急事態宣言に伴い尾道市が独自に整備した支援金の制度で、支給総額1億円を組んでいましたが、申請件数が多く、総額2億4千万円に増やします。

 

市議会臨時会の模様は本日17日の21:00から再放送します。

月間アーカイブ

最近の投稿

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
411ページ中1ページ目