HOME > ニュース・情報コーナー

ニュース・情報コーナー

小学生 土器作り体験会

文化財愛護少年団 土器作り 2018年8月10日放送

 

尾道市文化財愛護少年団の縄文土器を作る体験会が7月30日と31日の両日、行われました。

 

これは、歴史や文化財に関する学習の一環として毎年行われているもので、両日合わせて、小学5・6年生の児童23人が参加しました。

 

31日は因島市民会館で体験会が行われ、尾道市文化振興課の力石 智さんたちが講師を務めました。

 

参加した児童は、力石さんたちの説明を聞きながら、粘土で器を作ったり、模様を付けたりするなど、真剣な様子で作品を仕上げていました。

 

体験会では、土器作りの他に、高須町の大田貝塚で出土した縄文土器の一部や、瀬戸内地域から発見された旧石器時代のナウマンゾウの牙なども紹介されました。

 

尾道市文化財愛護少年団は、子どもたちに歴史や文化財に関する知識を深めてもらおうと、1968年に結成された団体で、現在は小学生5・6年生と中学生合わせて57人が参加しています。

 

力石さんは、「体験会を通して、文化財の多い尾道で生まれたことを誇りに思ってくれたら嬉しい」と話していました。

友愛保育園 手洗い指導

友愛保育園 手洗い指導 2018年8月9日放送

 

8月の食品衛生月間に合わせ8日、市内の保育所の園児を対象にした手洗い指導が手崎町の友愛保育園でありました。

 

この取り組みは、家庭での食中毒予防を広めるために、尾道食品衛生協会と広島県東部保健所が毎年行っているもので、今年は、友愛保育園の他に、御調町の御調西保育所、向島町のみゆき保育所で実施されます。

 

友愛保育園では、71人の園児が参加し、DVDの映像を見て正しい手の洗い方を学んだ後、協会の会員から指導を受けました。

 

指導では、汚れが残っている様子を分かりやすくするため、蛍光クリームとブラックライトを使った手洗いが行なわれ、園児たちは、汚れに見立てたクリームがなくなるまできれいに手を洗っていました。

 

広島県東部保健所によると、昨年の県内での食中毒発生件数は26件で、家庭の食事などが原因と思われる件数は全体の40%以上を占めています。

 

尾道食品衛生協会の山本 修副会長は「食中毒予防の第一歩として、子どもたちに手洗いの習慣を身に付けてほしい」と話していました。

 

協会によると、園児たちへの手洗い指導は県内でも珍しい取り組みで、尾道市では今年で3回目の開催となりました。

上川法相 有井作業場視察

上川法相 有井作業場視察 2018年8月8日放送

 

中四国地方の矯正施設などを視察している上川陽子法務大臣が8月7日、尾道市を訪れ、向島町の有井作業場を訪問しました。

 

視察は、4月に起きた、愛媛県今治市の松山刑務所 大井造船作業場から受刑者が脱走した事件を受けて、事件の再発防止に向けた矯正施設の調査などを目的に行われています。

 

8月7日から9日までの期間中、中四国地方の4県で行われる予定で、広島刑務所尾道刑務支所が運営する有井作業場では、上川大臣が担当者から説明を受けながら施設内を見て回りました。

 

有井作業場は、全国に4カ所ある開放的な矯正施設の1つで、受刑者は寮に寝泊まりし、近くにある興進産業の工場で一般従業員と共に働いています。

 

寮には塀や鍵がなく、施設への出入りも自由で、2018年9月に設立50年を迎えます。

 

施設では、これまでにおよそ1,300人の受刑者を受け入れていて、脱走事件は過去1度も起きていません。

 

法務省では、現在、事件の再発防止のプロジェクトチームを立ち上げ、今後、地方の自治体や関係団体と連携しながら、矯正施設の改善などを図っていくとしています。

尾道市 土砂直接撤去

尾道市 土砂直接撤去 2018年8月8日放送

 

尾道市は、今回の平成30年7月豪雨災害において宅地内に流入した土砂などについて、市が直接撤去を行なうと発表しました。

 


報道資料によりますと、「市民の早期の生活再建につなげるため、現在 宅地内の土砂等の撤去ができていない人について、家屋の損傷の程度にかかわらず、尾道市において直接撤去する」としています。

 

撤去に必要な要件としては、「平成30年7月豪雨による被害であること」、「宅地であること」、「家屋損傷が拡大する恐れがあること、又は土砂などが宅地外へ流出する恐れがあること」の3つを上げています。

 

また尾道市は、既に業者などに依頼して土砂などを撤去した人についても、費用の事後清算が出来る場合があるとして、窓口への相談を呼びかけています。

 

全てのお問い合わせは、0848-37-3111 宅地内土砂等撤去相談窓口までです。(平日9:00~17:00まで対応)

栗原ソフトボールクラブ全国へ

栗原ソフトボールクラブ全国へ   2018年8月8日放送

 

第18回全日本中学生男女ソフトボール大会に広島県代表で出場する栗原ソフトボールクラブが、8月11日からの大会に向けて練習に励んでいます。

 

栗原ソフトボールクラブは、尾道と福山、三原の女子中学生19人が所属するクラブチームで、7月に行われた県予選を制して、3年ぶり2度目の全国大会出場を決めました。

 

8月7日には、栗原北小学校のグラウンドで練習が行われ、選手たちはおよそ2時間、大会前の調整に汗を流しました。

 

亀山康成監督によると、現在のチームは、長打力のあるバッターが揃った高い攻撃力が持ち味で、練習でも打撃主体のメニューが行われ、バッティングで鋭い当たりを見せていました。

 

大会には、全国から予選を勝ち上がった中学校のソフトボール部やクラブチーム46チームが出場し、8月11からの3日間大阪市のセレッソスポーツパーク舞洲で試合が行われます。

 

栗原ソフトボールクラブは、初戦で京都市立下京中学校と対戦します。

 

 

尾道市内からはこの他に、御調中学校男子ソフトボール部が8月に鳥取県で開催される第40回全国中学校ソフトボール大会に出場します。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>
281ページ中1ページ目